美白の効果が高いビタミンC誘導体とは、ビタミンCが肌に長く留まる様に改良されている

   

美白の効果が高いビタミンC誘導体とは?

普段から美白ケアなどをされている人の間では、常時目にする成分の一つとなっているのがビタミンC誘導体かも知れません。

ビタミンCは強力な抗酸化力を持っていて、かつメラニン色素の分泌を促すチロシナーゼ酵素の働きを阻害する効果があるため、シミやそばかすのケアのために多くの化粧品に配合されているのです。

しかし、ビタミンC単体でお肌の上に載せたとしてもとても不安定な分子構造なので壊れやすく、お肌にその効果を確実に届けられない事から、肌の上に載せたり浸透した時に酵素反応によってビタミンCとしての効果を発揮出来る様にグルコースを付加して加工したモノの事をビタミンC誘導体というのです。

正式には安定型ビタミンCとも呼ぶそうですが、お肌に浸透していく過程でグルコースとビタミンCに分かれる事で、肌の奥にビタミンC自体を届けることが出来る様になったのです。

お肌の奥まで届いたビタミンCがメラニン色素の排出を阻害したり、高い抗酸化力でサビと呼ばれる肌の老化を止める事が出来る様になったお蔭で、スキンケア美容の世界は大きく変わって行ったのです。

ビタミンCの効果を実感する方法

では、このビタミンCの効果を確実に実感するためには、どの様に使うのが良いのでしょうか。 お風呂上りや洗顔後に、水分をしっかり拭き取った後すぐに肌に浸透させていきたい所ですが、多くの化粧品の化粧水がそうなんですが肌の上に化粧水をそのまま置いても、肌の奥に浸透するまでに時間がかかったりして有効成分が有効的な状態のまま肌の奥に届かない場合もあります。

この時にビタミンC誘導体の浸透を阻害しているモノがあるのですが、実は肌の一番上にある角質層が原因の場合がるのです。

角質層って何?

角質層とは、ふだんは肌のバリア機能として外からの刺激から肌を守ったりしている重要な部分なのですが、基本的には肌の死んだ細胞で構成されていて、一番上の角質から剥がれて入れ替わりを続けている部分なのです。

一番上の方の層は非常に乾燥しやすいので、常時かスキンケアの際にはしっかり保湿をすると良いのですが、ケアを怠っていたりしっかり洗顔出来ていないと古くなった角質が積もって、化粧水の水分や有効成分が肌に浸透しにくくなってしまうのです。

もしかしたら普段からあまりビタミンC誘導体の効果が感じられないと思っている人は、正にこの状況に陥っている可能性があるので、早めに古くなった角質を除去して欲しいですね。

古くなった角質層を除去するには?

古くなった角質を除去する方法は、たんぱく質を分解する成分の入ったクレンジング剤を使って落としたり、タンパク質を分解して剥がす働きが強いフルーツ酸を使って角質を剥がすピーリング剤を使ってピーリングをするのがお勧めです。

週に1~2回の使用で、かなり化粧水の浸透が良くなるので、ビタミンCの効果を確実に実感したい人は角質層の状態にも気を付けて行きましょう。

 

 - 美白